tokuhirom's blog

homebrew との付き合い方を見直す 2017

  • 最近の homebrew では、OS に含まれるコマンドも利用可能なので積極的に利用していく
    • なんとかenv 系の管理コマンドは、LL で本格的に開發している場合には便利だが、最近はバージョンを固定して開發するようなことが減ってるのと JVM 言語メインなので気にしないで brew install perl などする。
    • system perl 等にアプデさせると、
  • 古いバージョンのバイナリは brew cleanup で消せる
  • 最近は vim の拡張をゴリゴリ入れたりしてないんで、vim も OS 標準のものでいい
    • たぶん、lua を使うために brew で入れるようにしてたのだが、lua が必要になる理由の根源であった neonantoka シリーズを最近使ってないんで、もはや system vim で良い。
  • brew cask は積極的に利用している。

というわけで現在利用してるのは以下。 * ant(歴史的事情によりデプロイツールが ant に依存しており、動作確認のために手元に入れておく必要がある) * bvi(vi binding で利用できるバイナリエディタ。バイナリの中身をサッと見るときに便利) * cheat(ちょっとしたメモ代わりに使ってて便利) * coreutils(GNU コマンドに慣れすぎてるんで。。) * go * hub(github からの clone とかでたま〜につかう) * jq(json を prettify する用途ぐらいにしか使ってないけど) * maven * ngrep(packet を capture するときにめっちゃ使ってる) * node * peco * perl * protobuf * python3 * redis * rename * ruby * scala * sbt * tcping * tcptraceroute * thesilversearcher * thrift * sqlite * tree * tmux * w3m * wget(ファイルをダウンロードする時は wget のほうが楽な気がしてる) * wrk(最近は ab よりこっちメイン)

その他、brew cask で入れているものが以下。 * alfred(なんとなく継続しているが、真面目に設定してないので quick silver との違いは screen lock をショートカットキーでできることぐらい) * evernote(本来は web ui で十分という気もするが、web ui の出来が微妙なので一応入れてる) * firefox(最近アプデされたこともあり、久々に使ってみている) * filezilla(たまーに使う) * freemind(たまーに考えをまとめるときに使う) * google-chrome * google-japanese-ime * iterm2(選択範囲が iterm2 のほうが好み、という理由だけでなんとなく使い続けている) * java * java8(9 だと lombok が発狂するので。。) * karabiner(英かなちゃんと動くようになってよかったね、という感じ) * kindle * skitch * skype(最近は使ってない) * vagrant(最近は社内IaaS使う事が多くて、使ってない) * virtualbox * visualvm

Created: 2017-11-23 14:05:47 +0000
Updated: 2017-11-23 14:05:47 +0000