tokuhirom's blog

LTをはじめてやる君へ

LT というのは

  • メインのトークは大変なので、簡単に発表できる場をもうけよう
  • 5分なのですべっても大丈夫
  • マイナーなネタをしゃべってもゆるされるように
  • なんか一発ネタとかも発表できる場をもうけよう

などの目的をもって設置されるものです。それほど気負う必要はないし、その日のうちに思いついてやったりする場合もあります(とくに海外では、飛び込みはあたりまえにあるといいます)。

ただ、一方で5分と話す時間がみじかくなっているので、話しなれていない場合には

  • 自己紹介は手短に
  • スライドの文字は大きく
  • ゆっくりしゃべる
  • よく練習する

の4点に気をつけましょう。

発表になれてない人ほど自己紹介を長くしがちですが、聴衆はあなたの生い立ちに興味はありません。名前、所属程度をいえば十分です。発表が、あなたのバックグラウンドをしらないと伝わらないものならば、かるく説明する必要はありますが、それでも30秒程度におさめる方がいいでしょう。

スライドの文字は大きくしましょう。文字がちいさいと、聴衆は文字をよむことに夢中になってしまい、肝心の内容が頭にはいってこないでしょう。読みやすい色で、「これじゃでかすぎるかな」とおもう程度のフォントサイズにしましょう。

ゆっくりしゃべりましょう。ゆっくりしゃべらないと、聴衆はついてこれません。異常にはやくちに喋る人もいますが、あれはああいう芸風です。芸風がかたまらない新人は基礎を着実にしましょう。

最後は、よく練習することです。なれてる人は、ぶっつけで発表することもありますが、始めての場合には何度も時間をはかって練習をすることが重要です。「あー、俺ぜんぜん準備してないわー」などとベテラン勢がいってるのにだまされてはいけません。あの人らは、十分な鍛錬をつんでいるので、準備しなくてもなんとかなるのです。積み重ねがないあなたは、十分に練習してください。

プレゼンに慣れてない人は、慣れている人の真似をするのではなく、基礎を着実にやることが重要です。一歩一歩着実にいきましょう。

以上、簡単ですが、LTの心構えについてでした。
プレゼンテーションzen

Created: 2012-09-04 02:18:41 UTC
Updated: 2012-09-04 02:18:41 UTC