tokuhirom's blog

OSS版 Ansible Tower alternative である Ansible Semaphore を試したぞ!

Ansible Tower の OSS Alternative であるところの Ansible Semaphore を試した。 Ansible を利用してデプロイするのの web ui である。

installation guide 通りにやれば利用可能。

docker run -d --name=mysql -p 127.0.0.1:3306:3306 -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=my-secret-pw mysql

などとして mysqld を立ち上げておく(もちろん、別に docker じゃなくてもいい)。

https://github.com/ansible-semaphore/semaphore/releases から最新版のバイナリを取得(golang なので single binary)。

semaphore -setup

として、起動。セットアップが始まる。セットアップは以下の様な感じ。

$ ~/Downloads/semaphore_darwin_amd64 -setup

 Hello! You will now be guided through a setup to:

 1. Set up configuration for a MySQL/MariaDB database
 2. Set up a path for your playbooks (auto-created)
 3. Run database Migrations
 4. Set up initial seamphore user & password

 > DB Hostname (default 127.0.0.1:3306):
 > DB User (default root):
 > DB Password: my-secret-pw
 > DB Name (default semaphore):
 > Playbook path:

 Generated configuration:
 {
        "mysql": {
                "host": "127.0.0.1:3306",
                "user": "root",
                "pass": "my-secret-pw",
                "name": "semaphore"
        },
        "port": "",
        "bugsnag_key": "",
        "tmp_path": "/tmp/semaphore",
        "cookie_hash": "3aIKJIwVCvXH6vLGb8xhQHMr90OeVZ1SimYMNJBWD+A=",
        "cookie_encryption": "TDFElfq2JZN5PfTfPedRjgMZ+MZUY9VgNTZCS/sGJTY="
 }

 > Is this correct? (yes/no): yes
 Running: mkdir -p /tmp/semaphore..
 Configuration written to /tmp/semaphore/semaphore_config.json..
 Pinging database..

 Running DB Migrations..
Creating migrations table
Executing migration v0.0.0 (at 2016-06-25 08:44:13.784368138 +0900 JST)...
 [11/11]
Executing migration v1.0.0 (at 2016-06-25 08:44:14.340635482 +0900 JST)...
 [7/7]
Executing migration v1.1.0 (at 2016-06-25 08:44:14.752282549 +0900 JST)...
 [1/1]
Executing migration v1.2.0 (at 2016-06-25 08:44:14.861796122 +0900 JST)...
 [1/1]
Executing migration v1.3.0 (at 2016-06-25 08:44:14.918184638 +0900 JST)...
 [3/3]
Executing migration v1.4.0 (at 2016-06-25 08:44:15.103055625 +0900 JST)...
 [2/2]
Executing migration v1.5.0 (at 2016-06-25 08:44:15.220915164 +0900 JST)...
 [1/1]
Executing migration v0.1.0 (at 2016-06-25 08:44:15.279912624 +0900 JST)...
 [6/6]

 > Username: foobar
 > Email: foobar@example.com
 > Your name: Foo Bar
 > Password: *********

 You are all setup Foo Bar!
 Re-launch this program pointing to the configuration file

./semaphore -config /tmp/semaphore/semaphore_config.json

 To run as daemon:

nohup ./semaphore -config /tmp/semaphore/semaphore_config.json &

 You can login with foobar@example.com or foobar.

設定ファイルが生成されるんで、メッセージどおりにそれを使って起動すれば OK.

ここまでは極めて簡単にできる。

現時点の最新版である v2.0.2 には致命的な問題がある(全くデプロイできない)ので、困ったなーって思って git log 見たら HEAD では治ってたので、リリースしてよ、って言ったら音速でリリースされた。

が、v2.0.2 でエンバグしていたので、パッチを送ってみたが、そうじゃないって言われたので様子を見ている。たぶんためそうと思ってる人はv2.0.3まで待つのが良い。 https://github.com/ansible-semaphore/semaphore/issues/142

開発

patch 送ったりするにはどーすりゃいいか。golang の開発環境はすでにあるとして、、

circle.yml の以下の部分を参考に、手でインストールする。。 https://github.com/ansible-semaphore/semaphore/blob/master/circle.yml#L7-L17

そしたらば、./make.sh watch とすると、ファイル変更すると自動で更新がかかる感じで、プロセスが起動する。

ってだけ。

利用手順

まず、Dashboard を見て、プロジェクトを追加します。 https://gyazo.com/b696178e7abea2ed4297ba65197f4698

次に、Key Store に ssh key を登録します。ここに登録した ssh key は、ログインと git の clone の両方に利用されます。 https://gyazo.com/8eaefe8f15641469d535517226c81d5b

playbook 登録してるレポジトリを登録しまうす。git clone されるだけなので、file:// でもなんでもOK. https://gyazo.com/e2e5d675faa41fbaffd2b0b5636075ca

インベントリを登録します。これは ansible コマンドでいうところの ansible-playbook -i www playbook.yml の www にあたる部分ですね。 https://gyazo.com/adb05fbf1c02e19057635dd3ed3110a4

Environment を登録します。ansible 内で variable として利用可能になる。のかな?よくわかってない。 https://gyazo.com/27cc47602aed92ce743cb438ab936649

最後にこれらの要素を利用して、タスクを登録。 https://gyazo.com/7d49c11134e177bbb8f98f0471dfb97c

run ボタン押すと、タスク実行画面が起動する。ここで、変数をいじったりとかできるので便利。 https://gyazo.com/6c3ab1ea2f72261161533e67258e208f

実行すると、普通に動く。 https://gyazo.com/7046532dee6aab89dab50290a9759b97

まとめ

v2 が出たばかりで v2 は荒削りだが、アーキテクチャは綺麗なので良さそう。 go+ansible みたいな構成になってていじりやすい。コードは綺麗。インストールも楽。 今後に期待がモテる。

Created: 2016-06-25 01:06:38 +0000
Updated: 2016-06-25 01:06:38 +0000