tokuhirom's blog

commons-math3 の二次元行列用の型についてのメモ

BlockRealMatrix

キャッシュフレンドリーで速いらしい。

Array2DRowRealMatrix

double[][] で表現されるひじょうに素直な実装

DiagonalMatrix

対角行列用の型。対角行列を扱うならコレを使うとメモリを節約できたりする。

OpenMapRealMatrix

open addressed map ベースの実装。sparse な行列ならコレを使うとよい。

初期化コストに関するベンチマーク

雑ですが。。

    @Test
    fun bench() {
        val tries = 10000000

        val startA = System.currentTimeMillis()
        for (i in 0 until tries) {
            Array2DRowRealMatrix(11, 11)
        }
        val endA = System.currentTimeMillis()
        val startB = System.currentTimeMillis()
        for (i in 0 until tries) {
            BlockRealMatrix(11, 11)
        }
        val endB = System.currentTimeMillis()
        println("A=${endA-startA} B=${endB-startB}")
    }

で、

A=6992 B=2435

みたいな感じ。

Created: 2018-05-14 11:10:21 +0900
Updated: 2018-05-14 11:10:21 +0900