tokuhirom's blog

zipkin の RateLimitingSampler が便利(特に低トラフィックの場合)

zipkin で tracing log を取得する場合、一定の割合でログをサンプリングしてストレージに保存していた(たとえば 0.1% だけストアするなど)

この方法では、低トラフィックな環境ではログが十分取りづらいし、トラフィックが急に増えた場合を考えると、サンプリグレートを上げるのも怖いという問題があった。

しかし、zipkin brave の 5.6.0 以後では RateLimitingSampler という実装が導入されている。これにより、1秒間にどれだけ送るかという上限設定ができるようになり、トラフィック量に応じて sampling rate を変更する手間が省けるようになっている。

https://github.com/apache/incubator-zipkin-brave/pull/819 https://github.com/apache/incubator-zipkin-brave/blob/master/brave/src/main/java/brave/sampler/RateLimitingSampler.java

Spring Cloud Sleuth の場合

Spring cloud sleuth でもこの機能にすでに対応されていて、spring.sleuth.sampler.rate というプロパティを設定すると良い。

https://github.com/spring-cloud/spring-cloud-sleuth/pull/1175

Created: 2019-05-20 15:09:45 +0900
Updated: 2019-05-20 15:09:45 +0900